不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

直観を実行する-『波動の法則』足立育朗さん

// スポンサーリンク'); // ]]> // 「本質はこういうことをやった方がいいな」と思いながら、顕在意識(DIKAG)では「あれもこれも起きちゃうかもしれない」と心配をする。けれど「とりあえず、もう思いきって決心してしまおう!」と、そういうふうに思います…

気づきと選択-『ハトホルの書』トム・ケニオン

// スポンサーリンク'); // ]]> // すべての存在は進化の途上にあり、常にその時点で自己にとってできるかぎり最善の選択をしているということを知ってください。あなた自身の選択がほかのだれかに苦痛をもたらすことがありうるように、他者の選択があなたや…

客観性を学ぶ-『すべての人が幸せになる「魔法の言葉」』ウィリアム・レーネン

// スポンサーリンク'); // ]]> // 客観性を学ぶと、ネガティブな人や出来事に出会っても、影響を受けないでいられます。人に思いやりを持つのはすばらしいことですが、感情移入をする必要はありません。他人の問題に感情移入をしても、問題は解決しないばか…

取り戻す-『パラダイス・リゲイン トルティックの智恵の書』ドン・ミゲル・ルイス

// スポンサーリンク'); // ]]> // あなたは決してあなたではないものになることはできない。そしてそれが主なポイントなのだ。あなたはあなたであることができるだけであり、それでいいのである。そこであなたはすぐにあなたになる。それは努力を要しないこ…

バランス-『リヴィング・ウィズ・ジョイ』サネヤ・ロウマン

// スポンサーリンク'); // ]]> // バランスとは、正反対の物事の中間地点を見つけることです。 あなた方の中には、生き生きと感じるために、激しい感情に頼っている人がいます。しかし、激しくドラマチックな感情は、いつもあなたを中心からそらしてしまい…

自然の流れにゆだねつつ-『アセンションの道しるべ』リサ・ロイヤル

// スポンサーリンク'); // ]]> // 人生はあなたと魂の共同事業ですから、「障害」はそれなりの理由があって現れてきます。しかし、あなたの自我は、「こんな人生を選んだ覚えはない!」と、しばしば不平不満をぶちまけます。自我の視点で人生を捉えるのはあ…

自分自身との関係-『愛の選択』ドン・ミゲル・ルイス

// スポンサーリンク'); // ]]> // あなたは、自分が持つことができるうちでもっともすばらしい関係に集中しなければならない。あなた自身との関係である。利己的になるということではない。自己愛ということだ。これらは決して同じではない。あなたが自分自…

エレベーション(高める)-『天風先生座談』宇野千代さん

// スポンサーリンク'); // ]]> // しかしだんだんとわかって来た。人間はこの世の中に、うまいものを食いに来たんでもなけりゃ、好い着物を着に来たんでもなけりゃ、恋をしに来たんでもねェんだ。それは生きる場合の、ロイヤルロードの道筋にある出来事で、…

ポジティブに生きるとは-『すべての人が幸せになる魔法の言葉』ウィリアム・レーネン

// スポンサーリンク'); // ]]> // 人生を自分でどのようにコントロールし、計画することを考えすぎると、エネルギーを失います。これは西暦2000年までの魚座的な生き方です。今は素早い変化が訪れる水瓶座の時代です。今をどう生き、行動するかによって未来…

自分の現実を創り出す-『ヴィジョン』トム・ブラウン・ジュニア

// スポンサーリンク'); // ]]> // また、グランドファーザーは、「自分にとっての現実」を創り出しなさいと教えてくれた。私たちが物事や状況や人をどう受け止めるかは、心構えによって決まる。そのため、正しく前向きな心構えを持つことや自分たちの現実を…

新たな約束-『四つの約束』ドン・ミゲル・ルイス

// スポンサーリンク'); // ]]> // 正しい言葉を使っていると、どんな人からも否定的なまじないをかけられなくなる。あなたが否定的な考えを受けるのは、あなた自身の心がそうした考えに満ちた土壌だからである。あなた自身の言葉から罪をなくせば、あなたの…

グレイス(優美さ)の回復-『からだのスピリチュアリティ』アレクサンダー・ローエン

// スポンサーリンク'); // ]]> // 「本書の中で、私は健康の持つスピリチュアルな側面を明らかにするつもりである。健康とは主観的には、体に感じられる生気や快感といった感じである。これは、時には喜びの感情へと高まっていく。そのような状態の中でこそ…

内なる魔法使い-『願望実現の法則 リアリティ・トランサーフィン2』

// スポンサーリンク'); // ]]> // あなたが身につけている数多くの仮面や衣装の下に隠れている存在は、本当に素晴らしい長所を持っている。要は、思い切ってありのままの自分でいるようにすればよいのだ。あなたが身につけている仮面や衣装が、成功や平穏や…

売店に行くような気楽さで-『超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法』ヴァジム・ゼランド

// スポンサーリンク'); // ]]> // あなたは毅然として、自分の目的を達成するのだという自信で満ちあふれ、選択するのは自分であるということを自分自身に向かって精力的に断固として言い聞かせようとしているとしよう。断固たる態度で行動することは、過剰…

気を引き立てる-『上機嫌な言葉366日』田辺聖子さん

// スポンサーリンク'); // ]]> // たっぷり睡眠をとって、一夜あければ(この、「一夜あければ」という感じが私は好きなんだけど)またあたらしい一ページ、いつまでもすんだことをいってられない、暖かいコーヒーでも飲もう、と「気をとり直す」人が好きで…

批評家と行動家-『ヴィジョン』トム・ブラウン・ジュニア

// スポンサーリンク'); // ]]> // グランドファーザーは言った。「世界には、批判家と行動家という二つのタイプの人間しかいない」 彼によると、批判家は座ったまますべてを批判し、何かを変えようとするわけでもなく、生きるのにも無気力な人たちだと言っ…

喜びの道を許可する-『リヴィング・ウィズ・ジョイ』サネヤ・ロウマン

「私は本を読んで、瞑想するのが好きなんだけど、でもそれが自分の道であるはずがないし、お金をもたらすわけでもない」とあなたは言うかもしれません。しかし、もし自分が座って、本を読んで、瞑想することを許せば、道は開かれるでしょう。あなたは自分が…

想いと感情を知る-『ラムサ ホワイトブック』

喜びを想定すればそれがやってくるだろう。ある才能を思えば、それはすでにそこにあるのだ。 では、未来はどのように創造されるのだろうか。思考を通してである。明日というものはすべて、今日というこの日あなたが抱く思考によって設計されている。それが感…

しまいこんである驚異-『ほんものの魔法使』ポール・ギャリコ

アダムは長い指で、彼女の額にそっとふれた。「何もかもこの中につまっているんだよ、ジェイン。まるで仕切りのたくさんある箱みたいにね。きみの欲しいもの望むものは、何でもこの中からとりだせる。あらゆる魔法中の魔法が納まっているんだ。これが、きみ…

本来の自己表現へ-『心の力の秘密』R.E.デーヴィス

// スポンサーリンク'); // ]]> // 生命は具体的世界に自己表現を完成することを欲している――このことは記憶すべき有益なことである。あなたは心の障壁を取り除くことができるとき、適当な情勢の変化が自然に生じて、自分の人生が常々自分の心に描く理想像の…

日常のメンテナンス-『断捨離』やましたひでこさん

// スポンサーリンク'); // ]]> // 「邪魔」なモノ、家の中の詰まりとは、結局潜在意識の詰まり。だから、モノを1個取り除いたら潜在意識の詰まりも1個取れる。最初は小さな穴を開けていく作業かもしれないけれど、そうしていくうちにドーッと「見えない世…

自分自身に専念する-『パーソナル・パワー』サネヤ・ロウマン

自分自身に専念することは、「私は自分自身を十分知っているので、今この瞬間にとって正しいことができる」と認め、今現在に生きることです。それは自分を信頼することであり、自分を奮起させて、こうあるべきだとか、こう物事に対処すべきだ、などと自分に…

人生のダンスー『光の手』バーバラ・ブレナン

// スポンサーリンク'); // ]]> // あなたの強い欲求とは何だろう? 何を望んでいるのか? それが何であれ、その思いがあなたがなすべき仕事が仕事を実現させるために次に必要な段階へと導いてくれる。たとえあなたがその仕事が何かをまだ知らなくても、それ…

天の配剤の妙味-『「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン』

// スポンサーリンク'); // ]]> // さて、ここでコントロールしようとする手綱をゆるめて、流れにもっと自由を与えてみよう。すべてに同意し、すべてを受け入れるように、と提案しているわけではない。ただ戦術を変更し、コントロールすることから見守ること…

つくろうと思わない-『努力しない生き方』桜井章一さん

// スポンサーリンク'); // ]]> // 私は麻雀で「いい手」をつくろうとは思わない。「いい手」をつくろうと思うとその麻雀はかならず壊れるからだ。 そんなこともあって、私は麻雀以外のことにも「つくる」という感覚をなるべく持たないようにしている。いい…

誰かじゃなくて-『熱血ポンちゃんが行く!』山田詠美さん

恋する相手が見つからなくて困っているという手紙が来たこともあった。ポンちゃんにこう言われても困るよね。昔、小学校の頃だったか、「本を読みたいという人と、読む本が欲しいという人の間には、大きな違いがある」と、ベーコンという哲学者(だと思うけ…

日々続けるー『子どもの本の書きかた』ジョーン・エイキン

// スポンサーリンク'); // ]]> // 私の最初のエージェントはジーン・ルロイでした。――彼女は自分が扱ったあらゆる作家に、その何人かは、有名作家でしたが、毎日少なくとも六ページ書くことを習慣づけるように訴えています。「流れるように書き続けねばなり…

君自身に尋ねること-『哲学の練習問題』西研さん

// スポンサーリンク'); // ]]> // <どこかに絶対の生きる理由があるわけではない。生きる理由を求めるのは、君がじぶんを勇気づけたいからなのだ。君は自分の外に何かを求めるのではなくて、君じしんに尋ねなくてはならない。どう生きることがじぶんをいち…

小さなきっかけ-『毎月新聞』佐藤雅彦さん

――ネーブルオレンジの香りに包まれて、僕はジュースを絞った。2個でコップ一杯のジュースがとれ、その場でごくごくと飲んだ。僕はすっかり気分がよくなっていた。それは、喉の渇きがいやされたからではなく、この2カ月間にわたり自分を覆っていた暗雲の切…

自分の足で-『ああでもなくこうでもなく』橋本治さん

企業は平気でリストラをする。だったら、リストラされた人間は、企業をリストラしてやればいいのである。「経済が拡大される必要はない」とは、「もう企業が大きなものである必要はない」という時代なのだ。 私は、経済学者でも政治家でも官僚でもないから、…

スラリスラリー生活の極意『禅談』沢木興道禅師

沢木興道禅師が、ある武術家にその口伝を尋ねたら、 「スラリスラリ」だという。 どういうことかといえば、右手を捻られたら、 仕方ないと諦めて、 左の手でスラリと新しい活路を開くことだが、 修行をつまないとなかなか容易に出来るものでないという話。 …

ほめられても、けなされても-『村上ラヂオ』

私たちは、ほめられると嬉しくて、 けなされるのは悲しかったりするものですが、 何でも褒められればいいというものはない。 // スポンサーリンク'); // ]]> // かなりの確信を持って思うんだけど、世の中で何がいちばん人を深く損なうかというと、それは見…

プロフィール(&プライバシーポリシー)

// スポンサーリンク'); // ]]> // ミランダの不思議の庭へようこそ。 例えれば、言の葉ヒーラー。 庭で草花を楽しむように、 心に響いた言葉も 拾いあげて、慈しみ 育てていけるかも。 実践のための備忘録 気ままに、楽しみながら やっています♪ ( デュラ…

ミランダの小さな庭へようこそ

// スポンサーリンク'); // ]]> // 私たちは皆 今この時空への訪問者である全ては来て、過ぎていく 見、体験し、学び、愛し、そして 家(みなもと)へ帰る存在である -アボリジニの格言より- この詩は、 世界的なアニマルコミュニケーターである ローレン…