読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

エレベーション(高める)-『天風先生座談』宇野千代さん

 

 

 

 しかしだんだんとわかって来た。人間はこの世の中に、うまいものを食いに来たんでもなけりゃ、好い着物を着に来たんでもなけりゃ、恋をしに来たんでもねェんだ。それは生きる場合の、ロイヤルロードの道筋にある出来事で、この世に万物の霊長と生れ来しゆえんのものは、エレベーション(高める)という、造物主の目的に順応するためだ。   

          『天風先生座談』 宇野千代

 

 
中村天風氏といえば、各界に門下も多い傑出した人物であったが、

その昔、結核に苦しみ、出会ったインドの聖人について渡印、

来る日も来る日も山の頂に座るだけの中で悟った場面

だったと思う(違ったらすみません)

 

かなり以前に、これを読んで印象に残り、その後

天風氏の書物もいくつか読んだ時期もあったが、

やはりこれは、講話をまとめたのが、

宇野千代さんによるもので

とても読みやすく、

興味を惹かれる内容の物語になっていて、

おすすめの一冊です。

 

天風先生座談 (廣済堂文庫)

天風先生座談 (廣済堂文庫)

 

 

単行本は、確か、

宇野千代さんによる洒落た装丁の本だった

ように覚えているが、

後に今は、文庫が出ているようです。


懐かしいくらい前に読んだ本で、

これは、当時の書き抜きを見つけて

こちらに載せた次第…。

 

 ただ、明けても、暮れても、有難い、嬉しい、でもって送れる筈だけれども、あなた方の煩悶は、たいてい、自分が望むものを得られないときに起こって来るんだ。そうだろうが。自分の欲望がみたされないときに、必ず煩悶が起るんだ。自分に甲斐性がなくて、それを自分のものに出来ないときに、それで煩悶するてェのは、なんてェこった。一番いいことは、もしも自分の望むものが自分のものにならなかったら、現在持っているものを価値高く感謝して、それを自分のものにしてゆきなさい。
 こういう心がけで自分の人生に生きてゆくと、心の中に煩いというものがなくなっちまいます。何事に対しても、現在感謝。ああ、有難い。

 

……俺の心の中は、永久に、喜びと感謝でいっぱいなんだ、という気持ちで生きてゆかれれば、その結果、どうなるか。事実がきっと、あなた方に大きな幸福という訪れでもって、お応えすると思います。

  

クリックしてね♪


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 

 ありがとうございます!