読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

新しい時代へのおけいこ-『蝶になる日』吉丸房江さん

 

 

 

 命令ひとつで動く全体的行動ではなく、一人ひとりが魂の向上に向かって別々に行動しているのに、すべてが無理なく融合している状態です。本を読んでも、人に話を聞いても結論はあなたが出すのです。内なるものの答は、「ふと」思うこと、インスピレーションを大切にすることです。さあ次は迷わず実行です。

 

「なんとなしにそういう気がする」これが大事です。これこそ宇宙が感応していますから、その気分にしたがって行動した方が必ず良い結果になります。このことは日常の体験から、きっとうなずくことができると思います。心で思っていることは、必ず形に表わさなくては、どっちつかずのものになります。子どもの頃やりたくてたまらなかったものを、世間体や、まわりの意見にしたがってやむをえず諦めた場合など、いつでもどこでも、この心が動きます。(中略)まわりには無意味に見えることでも、その人にとっては必要であり、宇宙からの必然的な流入の結果によるものですから、ひととおり、やってしまうことがいいのです。

 

吉丸房江さんは、健康道場コスモポートの主宰者。

そういえば、足立幸子さんのお話にも登場されましたし、

とても惹かれたフレーズ

「喜べば、喜びが、喜びながら、喜びごとを集めて、喜びに来る」

も、吉丸さんが使われていました。

早速、ご本を読んでみました。

 

いくつか素適なご本を出されていますが

初版が1995年の『蝶になる日』

副題にあるように「新しい時代へのおけいこ」

まさにそのとおりの内容です。

 

蝶になる日―新しい時代へのおけいこ

蝶になる日―新しい時代へのおけいこ

 

 

とてもわかりやすく

何より心温かく励まされるような語りが

お人柄そのものなのでしょうね、

ぽかぽかと心に伝わってきます。

 

 したいことは、ひととおりやってみなければ、真に得心のいくものでありません。悪かったら、骨身にしみるから向上につながるのです。利口ぶらなくていいのです。人間は失敗するから進歩するのです。あるがまま、成るがまま、こだわらずに自由に生きるのが一番です。

    『蝶になる日』 吉丸房江 

 

やりたいと思ったことは、どんどんやることだ…

というメッセージは、実は(ウィリアム・)レーネンさんも

よく伝えられています。


生まれてから、これまで仕入れてきた価値観は

とりあえず棚卸しして

何より、自身の感覚を尊重して実行することが

大事な時代となったのだと

つくづく感じさせられますね。

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 

 ありがとうございます!