読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

理解とは愛と尊敬-『ローリング・サンダー』ダグ・ボイド

 

 

 

「――理解とは書物や教師が話しているような種類のことを知るのとはわけが違うからだ。いいかな、理解というのは、愛と尊敬にはじまるものだ。偉大なる精霊への尊敬の中に理解ははじまる。偉大なる精霊グレイトスピリットは、すべてのものの生命の中に、ありとあらゆる生き物、植物、そして岩や鉱物の中にまでも、それは宿る。すべてのものというのは、本当にすべてのもののことを言っているのだが、すべてのものは、自分の意志を持ち、自分のやり方を持ち、自分の目的というものを持っている。尊敬を払わなくてはならないのは、まさにこの点にあるのだ」

 

「この尊敬というのは、単なる気持ちや態度だけのものなどではない。それはひとつの生き方である。自分自身のことや自分の周囲の環境に対する責任を常に自覚して、その義務を怠ることなく実行に移し続けていくことを意味しているのだ」

   『ローリング・サンダー』 ダグ・ボイド

 

 

ローリング・サンダー―メディスン・パワーの探究 (mind books)

ローリング・サンダー―メディスン・パワーの探究 (mind books)

 

 

副題に「メディスン・パワーの探求」とあるが

メディスンマンであるローリング・サンダーに

ついての、とても読み応えのある本である。


実際、厚みがあるし…(笑)

それはともかく、

読むもの読むものよくシンクロしています。

 

上記の箇所は、

足立育朗氏の『波動の法則』にも言い方こそ違え

同じ内容でもありますね。


万物に霊が宿るという、アメニズムならずとも

日本人ならよくわかる感覚でしょう。


本来、自然信仰であった私たちと

彼らは繋がっているのでしょうね。

たぶん、日本人としてのそうした根源的な面にも目覚める時期ですね。

 

サンダーのいうように、地球はひとつの有機生命体であり、

実際、動植物鉱物とコミュニケーションはとれるはずだしね。

だけど、その中で勝手に暴走してきたのが私たち人間で、

それぞれが一念発起して、宇宙の調和を生きなければなりませんね。

 

他にも鋭い指摘がいろいろあるので

また引用するかと思いますが

自身やその世界と向き合って

自分の意志ややり方を確認し直して

淡々と日々実行していくこと

これだな…
(独り言ですから、お気になさらず)

本はお薦めです。

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 

 ありがとうございます!