不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

時間と空間を突破する-Kan.さんとゲリー・ボーネルさんのワークショップが本に

 

この次元に閉じ込められたすべての者たちへ 時間と空間を突破する叡智を授ける

この次元に閉じ込められたすべての者たちへ 時間と空間を突破する叡智を授ける

 

 

長いタイトルの本だが、2015年1月に行われた

Kan.さんと、ゲリー・ボーネル氏による

「Kan.&Gary  リチュアル・ワークショップ 

 儀式の復活~時間と空間の壁を突破する~」を

書籍化したものという。

 

ということで、詳細はともかく、

おおまかな雰囲気と様子が伝わってくる。

こうしたものは、参加しないとわからないものであるが、

興味深いお二方のワークショップということで

目を通してみたいと思っていた。

 

Kan.さんは、道教の秘儀クンルンネイゴンの継承者。

 

himitsunaniwa.hatenablog.com

 

ゲリー・ボーネル氏は、ビジネスマンでもあり、

アカシックレコードを読み、アトランティスの叡智を伝える

 ノウイング・スクールを主宰している。

 

下記の著書は、スクールのテキストを網羅しているという。

今見たら、アマゾンでは高騰していた。

  

叡智の道 THE KNOWING WAY レムリアから伝わる神秘の教え《思考の現実化》

叡智の道 THE KNOWING WAY レムリアから伝わる神秘の教え《思考の現実化》

 

 

 

 

 

 

さて、冒頭の著書に戻りましょう。 

言葉だけでなく、行間を拾ってこそながら、

やはり、印象的なところも少なくない。

はじめにで、ゲリーさんが

「『創造』のしくみを知ってください」

おわりにで、Kan.さんが

「語り継ぐということ、伝承するということ、継承するということ」

として、語られていることだけでも、とても示唆に富んでいた。

 

 私たちには皆、合意した集合的期待がはりついています。それは主に重力と物理法則に関するものです。集合的な合意の次に、家族の期待の境界線があり、その次は、文化が期待する境界線があります。私たちは、実に小さく制限された現実のみを体験しているにすぎません。

 自分という存在の真の本質を理解したとき、私たちはこの次元に隣接したすべてに対する期待を持てるようになります。

 私たちが期待を拡大したとき、裁きを手放したとき、前の世代の「制限された期待」が正しいという信念を手放したとき、私たちの五感は、すべてのエネルギー、すべての意識に対して開きます。すべてがいかに繋がり合っているかというしくみが完全に腑に落ちたときのみ開くのです。

 

 Kan.さんとともに行ったワークショップは、創造に関する二つのそれぞれの観点を、時間の中の一つのポイントに集約することでした。これは、創造の男性性と女性性、ドゥーイングとビーイング、思考とフィーリングを一つの表現に統合することです。

 私たちは、すべてがお互いに繋がり合っていることを抱きしめています。

 この繋がりこそが、真の自分自身の本質を表現しているのです。

 

 

ところで、Kan.さんとゲリーさんが出会ったのは、

通訳をしていた大野百合子さんの仲介によるものだったという。

過去世でもたくさん関わり合い、

レムリア時代から交流があったという。

そうした古代の叡智を今伝える必要があるということらしい。

 

伝統的なトレーニングや全ての期待を手放すと、

境界線を越えて向こうに行くことができます。

ゲリー エッセンスをお話しします。

 私たちは本当に情熱を持って過去にしがみついているので、ある意味、私たちはみんなクレージーです。私たちの人生は、誰が一番気が狂っているかを競争する競技ではないのに、私たちはそんなふうに過ごしています。

(中略)

 過去というのは、単にイマジネーションにすぎません。

 結局、私たちは、想像した体験を今に持ってこようとしています。自分を定義づけたり正当化するために、過去の幻想を使います。でも、それは単なるイマジネーションにすぎず、過去は、未来と同じようにリアルではありません。

 だから、スピリチュアルな教師たちは、「今を生きなさい」ということを言い続けています。

 この瞬間を生きてください。

 いつもこの瞬間が最後の瞬間だと思って生きてください。

 そうしたら得られます。全ての狂気が消えていくでしょう。

 これが私のオープニングの言葉です。

 

よく、非常事態の時に、火事場の馬鹿力ではないが、

考えられない奇跡的なことが起こったりするのは、

隣接した次元からのエネルギーを自分の内側に引き寄せて、

その人の意志を物質化したから、だという。

 

Kan. 今「隣接する次元」という言葉が出ましたけれども、皆さんのために、それについてもう少し語っていただくとありがたいです。

ゲリー 夜、寝ているとき、私たちの脳の全てが活性化します。

 制限がまったくないし、狭くもありません。目が覚めている間は、視覚や聴覚が脳の活動を牛耳っています。そのために私たちは時間と空間の中に閉じ込められていると言えます。

 私たちは、自分の予測や期待を持つことによって時間と空間の中に閉じ込められてしまうのです。

 

文字をそのまま追っても

わかりにくい内容ではあるけれど、

実は、私たちが思い込みや刷り込みによって

いかに制限された中にいるのか気づくのは大切なことだと思う。

 

 言いたいのは、今という瞬間と、その前後する瞬間に、みんなが思っているほど連続性がないということに気づくことが、まず突破口であるということです。 

  

今(ナウ)は、過去と未来によってつくられているのではありません。 

 

 過去というのはあなたの反応をかき集めたもので、もしそれで自分自身を定義づけてしまうと、自分自身を知ることができません。

 そうすると、自分自身にはなれません。

 これは本当に知るべき最重要なことで、もし無限の状態になりたければ、今までのジャッジメントとか葛藤を全て超えることです。

 

「ワンネス」というのは、「みんな1つ」という意味ではありません。

 全部違うけれども調和できるということです。

 つまり、受け入れられる。嫉妬がないということです。違いを自分のことのように受けとめられるキャパシティ。

 空(くう)とは、無限のキャパシティということです。

 そこにみんな感性が開いていく。

 

どうにもまとまりがないので、もう、やめておくが、 

個人的には、興味深い内容だと思う。

ジョークの好きなゲリーさんの笑えるやりとりもあり、

盛り沢山なワークショップは、

面白かったのではないかとも感じた。 

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!