不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

これくらいの軽さが必要?ー『夢を叶えたいなら、その夢に「名前」をつければいいんです。』ミナミAアシュタール

 

人気ブログが書籍化されるのは、近年よくありますが

こちらもその一冊で、もとは

Amebaブログ「ミナミのライトらいとライフ」で

 

ミナミAアシュタールさんが、宇宙人といわれる

アシュタールとさくやさん達と

テレパシーでお話しした内容を

載せています。

ま、いわゆるチャネリング本なんですけど、

これが、漫画チックな表紙のまま

実に軽~いノリで読みやすい(笑)

 

 

ちなみに、ミナミAアシュタールさんたち、

ってのは、先にあげた宇宙人二人&地球人二人のチームだそうです。

ミナミさんは、小さい頃から超感覚的な面をお持ちだったようですが、

2012年からブログをはじめ、数冊本を出しています。

今回は「夢を叶える」ことに特化したそうです。

 

“夢”って何? 結局、何がしたいのか……?

それだけのことよね。

願望? 望み? 希望?

それを“夢”って表現してるだけのことでしょ?

だから、“夢”を持っていない人なんていないのよ。

“夢”って、人生をかけて成し遂げる、とても大きな願望……

みたいに思っちゃってるから、わからなくなるのよね。

そんな肩ひじ張って考えなくてもいいんじゃない?

小さくても“夢”は“夢”なのよ。

たとえば、ちょっとお高めの天ぷら屋さんのカウンターで、

揚げたての天ぷらを食べたいなぁ~~っていうのも、立派な“夢”でしょ?

 

身近なことなら、みんな必ずたくさん持ってるはずよ。

大きくなくてもいいし、ひとつじゃなくてもいいの。

何かしたい、こうなりたい、こんなものが欲しい……それが、“夢”なの。

で、天ぷら食べたい……っていうのが“夢”だとしたら、

“カウンターで天ぷら食べるぞプロジェクト”って、名前をつければいいんじゃない(笑い)

なんだか、出来そうな気になって来るでしょ?

その出来そうな気がするっていうのがとっても大事なことなのよ。

 

いきなり、大字でしたが、しかも本だと、赤い文字です(笑)

夢っていわれても小さい頃ならともかく、

忘れた、わからないという人もいるけど、

どうすればいいの?という

質問に答えたくだりです。

 

思考はエネルギー……思考が先、現実があとだからね。 

特にね、楽しみながら、ワクワクしながらイメージしたものは現実化しやすいのよ。

 

まずは、小さな夢をたくさん持って、

叶えていけば自信がついてくるといいます。

大きいかなって夢も、何となく出来るって思えるようになる。

 

根拠はないけど、でも出来る気がするっていう、

根拠のない自信が一番強いのよぉ~~

だって、根拠何てもともとないんだから……必要なのはあなたの思考ひとつだけ。

あなたが出来ると思えば出来るし、出来ないと思えば出来ないの。

 

自分の夢を叶えられるのは自分だけ、

誰かが代わりに叶えてくれることはない、とも。

 

さて、こんな調子で話はサクサク進むんですが、

名前はパワフルなツールというのがキモですね。

  

 

 

 

あなたのやりたいこと、

夢に名前をつければいいんです。

名前をつければ、あなたのエネルギーを流す的が出来ます。

そうすれば、現実化しやすくなります。

どんな名前でもいいです……好きな名前をつけてください。

そうすれば、思考のエネルギーを流す方向がはっきりします。

思考の方向がはっきりすれば、現実化するのです。

ボヤーッと、方向性が定まらないから思考のエネルギーを

ピンポイントに流すことができないのです。

こうしたい、こうなりたい……

それをしっかりとイメージし、それに名前をつけます。

そして、名前を楽しんでください。

そうすれば、過程が見えてきます。

過程は自分で、マインドで計画する必要はありません。

名前を楽しんでいれば、過程が見えてくるのです。

それを実行していけばいいのです。

         アシュタール

 

なるほど。

 

実はね……

人生は、とっても甘いのよ~~~

好きなことしてれば、楽しいことしてれば、“夢”は叶うのよ……これはホントのこと。

だいたいねぇ、“夢”って好きなことでしょ?

したいことでしょ? なりたい職業でしょ?

 

ところで、

宝くじで一億円当てたいとか、社会的に成功したいってのは

夢じゃないといいます。

一億円当てて、そのお金をどうしたいのか、

社長になってどうしたいのか、としっかり決まってなければ

それは必要のないこと。安心できるからという理由なら、

それは 不安があると言っていることになるわけです。

 

先ずは、何がしたいかをはっきりさせることなのですね。

もちろん、夢を 何か持たなくちゃとか無理強いする必要はなし。

興味がなくなったら、やめればいい。自分が本気で思える、

楽しい、やりたい、ってもの限定ということになります。

 

あ、夢をかなえるおまじないもあるそうですよ。

誰かが夢を叶えたら、

「次は、自分の番」……この言葉です。

このあとに、「出来ました」を三回、

      「ありがとうございます」を三回、

      「感謝します」を三回、

      続けて言ってください。

  

こうした本は読む人の好みにもよっても

印象が違うかもしれませんが、

言っていることは、物事の本質をついていると思います。

私自身は、むしろ

この軽さをちょっと見習いたい(笑)気がします。

 

ミナミさんのブログの副タイトルに

明るく 軽く 右脳人生 まっしぐら!

ってありましたが、

確かに、2000年以降のみずがめ座の時代となって

これまでの左脳優先のあり方は難しくなっています。

何より、一読してみると面白いですよ。

 

またこの後、口癖についての本も出ています。

口癖って、本人の無意識を知るきっかけにもなり、

改善することで人生が変わるという大切なものですね。

 

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!