不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

リラックスすること、行動すること、受けとめること-自分中心心理学の石原加受子さん

 

 

自分中心心理学を提唱している

石原加受子さんの本から3冊

『コレだけで、あなたの生き方は一瞬にして変わる』

『「決められない」から抜け出す方法』

『ほんとうの強さってなんだろう?』

以前書いた記事が、下書きに残っていたので

アップしておきましょう。

 

 自分を愛することができれば、未来は勝手に良くなっていきます。
 なぜなら、自分を愛するために考え、決断し、そして行動するようになっていくからです。これが自分中心の生き方です。
 自分を愛するための、その基本中の基本が、リラックスしてそれを、“実感する”ということなのです。

 

コレだけで、あなたの生き方は一瞬にして変わる

コレだけで、あなたの生き方は一瞬にして変わる

 

 

この本では、3つの実験と10個のレッスンを通して、

リラックスの実感を味わうように、書かれています。

緊張していると、厳しい人生になりがちだと

以前、石原さんのCDの中でも聞いたことがありました。

緊張をとくことで、楽に生きられるようになるといいます。

身体をゆるめる(緊張をとく)ということを心掛けていた頃、

この本が出て、シンクロしているなと、

納得しながら読むことが出来ました。

 

 


そして、二冊目は、

あれこれ迷って、なかなか決断できない感じの人向けです。

 

 実際には、そうやって「なかなか決められない」という事実のほうに、自分の本音が隠れています。それは、「行動するのが怖い」ということなのです。
 ですから、「決めてから行動しよう」とする人ほど、「なかなか決められない」と悩むことになるでしょう。
 だからこそ、
「決断するのは、まだ早い。決めるために、一つ行動してみよう」
 満足できる、納得のいく決断をするには、これが最大の方法だと言っていいでしょう。

 

「なかなか決められない」から抜け出す方法

「なかなか決められない」から抜け出す方法

 

  

これは、プロローグからの引用ですが、

ここを読んだだけで、何となくピンときました。

3章には、決めてから行動するのではなく、

決めるために行動する、ということについて述べられています。

大概、思考癖があると、憶測だけで、動くのが億劫になってしまいますが、

逆に、動いてみるという発想があれば、迷いは減ります。

気持ちも、動いてみて、また変わるからです。

本では、そうした気持ちの割合についても述べられていて、

私自身に焦点を当てて、小さな行動から始めることで、

気が楽になります。

悩みがちな方には、おすすめです。 

 

 

そして、ちょっとした絵本のような感じで

まるごとの自分をそのまま受けとめてあげられる一冊。 

 

ほんとうの強さってなんだろう?

ほんとうの強さってなんだろう?

 

 

著者の原点ともいわれるこの本は、見開きに

「もっと、肩の力を、抜いてごらん」

平易な言葉で、読者に優しく寄り添ってくれます。

12のレッスン、というかメッセージ。

 

がまんしろって、誰が言ったんだろう。

がまんしなくちゃ、

立派な人間になれないよ。

がまんしなくちゃ、

幸せな生活を手にいれることはできないよ。

でも、ほんとうにそうなのかなあ。

もし、がまんして幸せになれるのなら、

がまんして、立派な人間になれるのなら、

いまの大人たちはみんな幸せになってなければならないよね。

あなたのまわりを見回して、がまんして幸せになっている人がいる?

それとも、がまんしないで自分のために生きている人のほうが幸せそう?

(中略)

がまんしなくちゃ幸せになれないなんて、

ウソだと思わない?

だったら、もう、がまんはやめようよ。 

 

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!