不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

『クスリ絵』心と体の不調を治す神聖幾何学とカタカムナー丸山修寛さん

 

 

ITやAIなど

最先端の近代技術の開発・普及が著しい

現代社会ですが、近年になってまた

日本古来の神代文字や、カタカムナといった

神秘的な文化と古代図象などに

興味を持つ人が増えてきました。

 

以前、お医者さんでカタカムナを研究されている

丸山修寛さんの本を載せましたが

 

himitsunaniwa.hatenablog.com

 

このドクターによる新刊がとても人気のようです。

 

クスリ絵 体と心の不調を治す神聖幾何学とカタカムナ (アネモネBOOKS)

クスリ絵 体と心の不調を治す神聖幾何学とカタカムナ (アネモネBOOKS)

 

 

本は、約15㎝角のほぼ四角で、厚さは2㎝弱で

手に取りやすいサイズ。

 

クスリ絵って、な~に?

数学や物理学、神聖幾何学、古代文字(カタカムナ)などの概念を取り入れて医師であるわたしが開発・作成したものです。そのどれもが、生命エネルギーの調整や、人間が本来もつ自然治癒力、潜在能力などを引き出し、向上させるうえで最適な形や色で構成されています。本書では、治療でも活用しているクスリ絵のなかより、実際に多くの人々を癒し、問題解決へと導いたものを不調別に厳選していますが、各症状にだけ対応するものではありません。そのパワーは、まさに無限大。五感を研ぎ澄ませながら見て、触れて、頭ではなく直感的に心地いいと感じたものが、あなたの可能性を引き出す“クスリ”となることでしょう。

  

中には、身体の部位別での処方、

また心の不調にも対応するらしい

各種の絵図というか幾何学模様が載っています。

カラフルなもの、ビビッドな色彩や

美しいグラデーションを持つものなど、実に多彩で

見ているだけで癒やされるという『クスリ絵』の一冊です。

 

こういった図象では、曼荼羅というものが知られていますね。

また、スピ系では、古代の神聖幾何学について書かれた

フラワー・オブ・ライフ』が有名です。 

 

もっとも、こちらは情報量も多く、

内容がちょっと難しいところもありますが、

ロングセラーとなっています。

 

それはさておき、

こうした幾何学的な模様や色彩などによる 

そのエネルギーを感じて、共鳴することで

細胞レベルや潜在意識などに働きかけることから

心身へ何らかの変化や変容などがもたらされるとされます。

 

まあ、実際に絵を見て頂ければわかるのですが、

眺めているだけで、なかなか愉しいんですよ。

難しいことを言わずとも、

誰でも絵画やデザインなどを

見たり、飾ったりして、

その模様や色彩を味わい楽しむのと同じですね。

 

ちなみにこれを見て、思い出したのは

こちらでも取り上げてきたウィリアム・レーネンさんが

勧めていらしたローリンダ・アイリーンさんのシンバラという

大変美しい絵(アート)もそうです。

 

ibokjapan.com

 

いずれにしても

すべてはエネルギーから成り立っており、

こうした絵や図象もエネルギーが形をとって

特定の表現としてその姿で現れているということでしょう。

その波動に共鳴したり、エネルギーを受け取ったりと

深いレベルでの動きが起こっているのですね。

エネルギーは感じるものですから、まずは

直感的に触れて、親しんでみるといいのではないでしょうか。

 

『クスリ絵』の本では最後に、塗り絵で遊ぼうという

ページもあります。

確かに、今人気の高い塗り絵って、

楽しいし、癒し効果もありますよね。

 

音もそうですが、色も特定の波動を使うことになり

古来からヒーリングに用いられてきた由縁ですね。 

 

 

クスリ絵について更に詳しく知りたい方に新刊も出ているようです。

 

 

また、レーネンさんの本では、こちらにシンバラカードもついています。

 

 

クリックしてね♪ 

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!