不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

『大富豪からの手紙』本田健さんー大富豪の祖父が孫に残したものは…/直感と偶然を追いかける旅

 

 

副題は “Nine Letters from a Millionaire”

大富豪からの9つの手紙。

全資産を「奨学財団」に寄付したお祖父さんは

孫に9つの手紙を書き残します。

それは、

「人生でいちばん大切なものを学ぶ機会」でした。 

この導きと自身の直感に従って、

人生の秘密を知るべく旅を始めた主人公。

数々の出会いと素晴らしい気づきの物語が

展開していきます。

 

大富豪からの手紙

大富豪からの手紙

 

 

経営コンサルタント本田健さんは

数多くの著書やセミナーを開催されてきました。

その選りすぐりのエッセンスが、

実に興味深いお話となって示されています。

 

【プロローグ】

【最初の手紙】

第1の手紙:【偶然】

第2の手紙:【決断】

第3の手紙:【直感】

第4の手紙:【行動】

第5の手紙:【お金】

第6の手紙:【仕事】

第7の手紙:【失敗】

第8の手紙:【人間関係】

第9の手紙:【運命】

おわりに

 

目次をご覧になると

9つの手紙のタイトルから

人生を歩んでいく際の主要なキーワードと

少し内容が察せられるかもしれませんね。

 

 キミに、最初に言っておくことがある。

「偶然というものは、この世には存在しない」

 

から、始まる第1の手紙は【偶然】について説明されます。

人生の不思議なきっかけや導き手となるシンクロニシティ

そして、主人公である孫のケイも

その流れに乗って進んでいきます。

 

そして、人生が動き出すのは【決断】(第2の手紙)

だというのには、なるほどと頷けます。

 

 つまりね、人間には「できないと思った未来はやってこない」し、「できると決めた未来はやってくる」ってことなんだよ。

 これこそね、「できると決断」すれば、その未来は同時にでき上がり、それが未来から、近づいてくるということの証明だと思うんだよ。

 

 さて、こういう話をすると、「でも、そもそも、何をどう決めたらいいか、わからない」という質問をする人がいる。

 こうまでにもよく聞かれたので、それについてもアドバイスをしておこう。

 現時点で「何を、どう決めたらいいか、わからない」ならば、

 

「最高の未来を手に入れる」

 

と、決めてしまえばいい。それが具体的にどんなものか、今は何かわからなくてもいいんだよ。「最高の人生を生きる」とだけなら、誰にでも決められるだろう。

 

私たちは、ややもすれば、

何かを決めかねたり、

決断を先延ばしにしたりもします。

しかし、決めればそれに向かって物事は進み出し

確かに、そう決めたものになっていくのです。

決めて違えば、決め直してもいいわけで

決断しないままでいると

いつまでたっても宙ぶらりんのままです。

もちろん、時には、意識的に

保留(ペンディング)する場合もありですが。

 

「最高の未来は、いつも、今の意識の外にある」のだから。

 大半の人は、最高の未来を見るよりも、目の前の安定を見がちだ。下手に理想を追い求めても、必ずしもそれが手に入るとはかぎらない。「高望みして、後でがっかりするのがイヤだから、最初から夢を見るのをやめた方がいい」というわけだ。

「がっかりする可能性があるから、最高の未来を見ないようにしている」のだとしたら、非常に損をしているかもしれないんだよ。

 だから、何も決断しない、行動しないことが、いちばんのリスクなのだよ。

 

今の意識の外というのは

今の延長線上ではなく、

コーチングでいう

コンフォート・ゾーン(快適な場所)から出る

ということですね。

本当の変化や進化には不可欠な要素だと

いわれています。

 

この本の面白さは

こうしたアドバイスと共に

実際にケイ君の旅が進んで

新たな世界(外国)で新たな人々に出会い

新しい体験をしていく過程が描かれているところ。

それはまあお読みいただくこととして、

エッセンスのまとめを(ケイ君のメモ)

拾っておくことにしましょう。 

 

・偶然に起きることはないし、偶然に会う人もいない

・すべてのことには意味があり、それは自分を幸せにするために起こっている

・決断した瞬間に、その未来は、同時に誕生する

・最高の未来は、いつも、今の意識の外にある

・直感は「英知」であり、自分を幸せに導く、ナビゲーションシステム

・自分にとって何が大事かは、心と体がちゃんと知っている

・決めた未来は、「行動すること」によってしか、近づいてこない

・最低限、お金に邪魔されない人生を生きる

・誰かを幸せにするたびに、自分の器が大きくなって、お金から自由になっていく

・仕事の喜びは、まわりの人を巻き込みながら、関係者全員を幸せにすること

・世界は、あなたの才能が開花するのを待っている

・成功するための唯一の方法は、失敗しても挑戦し続けること

・自分に与えられた命を使い切る

・本当の幸せは「人間関係で得られる幸せ」にほかならない

・両方が「どちらも正しい」と考えて認め合う

・運命は決まっていようといなかろうと、自分がやりたいようにやる

・人生は信頼すること、人とつながること 

 

最後に本田健さんもこう結んでいます。

 

「偶然と直感」を追いかけて「人生の真実」を見つける旅は、いかがでしたか?

 

 もし、今の生活がなんとなく退屈になっていたら…、今が「動き出すタイミング」かもしれません

 

読みやすくて

気づきや再認識できることが多い

オススメの一冊です。 

 

  ☆メールでのセッション承っています!healers-garden.hatenadiary.com

 

クリックしてね♪ 

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!