不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

『がんばらない成長論』心屋仁之助さん

 

一般的な、何かの目標に向かって、頑張るという、

いわば足し算の成長スタイルではなく、

目標や努力なしに(これまでと逆の引き算で)

好きなことを楽しんでいくゆるい在り方、で

結果、思いもよらぬ世界と成長があるかもしれませんよ

という、人気カウンセラーの心屋仁之助さんの本から。

 

がんばらない成長論

がんばらない成長論

 

 

 

 今まで、あなたの中にあった「成長」のイメージは、今の自分は何かが足りない、だから成長しないといけない、というものではありませんか?

 これは、言うなれば「自己否定成長」です。

 過去の自分も今の自分も否定することが、出発点になっているわけですね。

 でも、残念ながら、こういう過去否定、現在否定では、成長はできません。いや、もちろんできるんですが、やがて苦しくなるのです。限界が来るのです。逆に終わりが見えず、苦しみが続くのです。

 だから、自分の過去も現在も、すべてひっくるめて肯定することが大切なのです。

 

“望む結果が得られないのは、

「がんばりが足りないせい」ではない。

自分で自分を認めていないせい” だという。

 

自分を肯定できない原因は「お母さんの評価」

(確かに、最初の社会評価は、両親ですもんね)

 

お母さん基準から脱して、自分基準で、自分を受け入れることが、

「他人軸」から、「自分軸」への第一歩となる。

他人の評価が気になる、というのは、実は

親の評価をいまだに気にしているということだったりする、

というのもわかります。

 

ということで、

人から認められるための「目標」なんて必要なし。

 

 信頼も実績も安心も安定も、がんばって自分が積み上げてきたものは、かえって今の自分を小さな枠に閉じこめてしまうだけです。

 これらのものがなくてはいけないと考えていると、がんばることを、自分に強いつづけることになります。

 

いったい、いつ幸せを感じるのか。

しがみついているものを、思い切って、手放してしまいましょうという。

 

「外側」より「内側」を充実させるには、

人の期待に応えるのをやめる。

 

叩かれても、好きなことだけをする勇気を持つこと。

人から叩かれて自分の好きな生き方を引っこめるというのは、要するに、他人の価値観に合わせて自分を抑え込むということです。

 

「あ、ひょっとして、私のやってること気に食わないですか? あら残念~、でも、ごめんなさいね。やっぱり、これをやりたいんで、私、やりますわ」

エネルギーを消耗せずにかわすイメージとか(笑)

時には、「うるさいな、ほっといて!」とかもね。

 

 

 

 

 

 

ところで、他人優先でくると、好きなものがわからないという

こともある。そんな人にも、実践できる簡単な方法があるという。

 

 日々、目の前にある小さなことの好き嫌いを、まずは感じ取ることから始めてみればいいのです。

 

こんまりさんこと、近藤麻理恵さんのベストセラー

『人生がときめく片付けの魔法』で使われた手法、

部屋にあるものを片付ける時に、ときめくか否かで選別していた

を応用するという。

 

 例を挙げ出したらキリがありませんが、まずは本家本元・こんまりさんに従って、自分の部屋には、自分がときめくものしか置かない、と決めました。すると、部屋がものすごい快適空間=パワースポットに変わります。

 これに始まり、日々、目の前にやってくる出来事を、「ときめくか、どうか」で仕分けしたのです。

 

 今日はこれを着たい、これがいい。なんだかこうしたい。

 約束してたけど嫌になった。いつも通る道だけど、今日は嫌な感じ。等

 

 こういう素直な感覚に従っていると、身のまわりが、「自分がときめきを感じるもの」で満たされ、「ときめきを感じないもの」が排除されていく。

 そうなるほど、好きなものを嗅ぎ分ける感性が鋭くなっていきます。

 そして、もっと大きな「好き嫌い」もわかるようになっていきます。

 自分が本当はどんなものが好きで、何をしたいのかが、わかるようになります。

 

また、私たちは、周囲を頼ったり、迷惑をかけてはいけないと

思い込んでいたりもしますが、自分に厳しい分、

周囲にも厳しかったりします。

この思い込みを変えてみると、

自分に甘々、周囲にも甘々。ダメになるのでなく、以外にも、

人も許せるようになり、イライラしなくなるという。

 

 

面白かったのは、

何事も問題視しないで「そうなんだ~」

 

 問題は、あなたが「これは問題だ!」と問題視するから、問題になります。

 その「問題」が「問題」なのではなく、その「問題」を「問題だ」と「言う人」に「問題」があるのです。

 だから「そうなんだ~」と受け入れたとたん、解決も何も、問題そのものがきれいにさっぱり消えてなくなってしまうわけです。

  なかなか思えないときには、

「思えないんだ~」でいいのです。って(笑)

 

 自分では無意識でも、人はいろいろな先入観や強迫観念に従って生活しているものだと思います。

 失礼がないように、迷惑をかけないように、嫌われないように、評価を落とされないように「いつも、ちゃんとしていなければ」――と、普段、どれほど気を遣っていることでしょう。

 でも、それは本当に必要? かというと、そうでもないことが大半です。そんなに怖がらなくてもいいのです。

 

と、自分の常識外のことをする人(身内だったりする)に

教えてもらったという。

で、大事なのは、その人のマネをしてみるといい。

 

今までは、それはダメとやらなかったことをやってみて、

やっておいたほうがいいと思ってたことを、やめてみる。

 

 こうして、自分の中のタブーを一つひとつなくしていくことは、自分の枠を広げるということ。 

 つまり、それだけあなたという人間の可能性が広がるということです。 

 

 すべての出発点は、全面的な自己肯定。これがあってこそ、素直に感謝し、謙虚でいられるのです。

 

要は、自己否定から、自己肯定へ、ですね。

 

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!

『見てる、知ってる、考えてる』中島芭旺(ばお)くん

 

 

 

 

 

僕は不登校はひとつの才能だと思っています。

それは不登校するという決断を出来るという才能。

自分を信頼できるという才能。

 

10歳の男の子が書いた自己啓発本というので話題に。

先日、知り合いが貸してくれたので、読んでみた。

  

見てる、知ってる、考えてる

見てる、知ってる、考えてる

 

 

何かをどうにかしようと考えている時は

その時ではないのかもしれない。

考えている間もないくらいに

ちょうどのタイミングですべてがまわる。

その時がその時なのだと思う。

 

とにかくやりたくない事をやめる。

そしてやりたい事をやる。

それだけ。

 

 

どうなりたいかという質問に僕は、

「僕は僕でありたい」と答えている。

世界中みんなが自分であるということは

正解がないということ。

 

正解のない世界で生きていく僕達は、

好きなことをやる勇気が必要だ。

 

自分の勘を大切に。

自分に正直に。

自分が好きなことをやる勇気。

 

イジメやら、家庭の事情やらで

ばおくんが、死にたいとかダメな子だと思って

悩んでいた昔の自分にプレゼントしたいと書き出したという。

 

学校に行かないで自宅学習しながら、

好きな人に会いにいって学ぶ…そんな

中島バオ君のメッセージ。

  

自分を大切にしよう。

話はそれからだ。 

 

僕の自信は、根拠のない自信。

根拠がある自信は、その根拠がなくなったらなくなる。

 

 

 おかもとたろう記念館に行った。

僕の好きな言葉がたくさん落ちていた。

僕が選んだ言葉は、

「やろうとしないから、やれないんだ」という言葉だった。

 

ほんとうに全ては「やる」って決めるだけだから。

 

簡潔でわかりやすく、

響くものもありますね。 

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!

時間と空間を突破する-Kan.さんとゲリー・ボーネルさんのワークショップが本に

 

この次元に閉じ込められたすべての者たちへ 時間と空間を突破する叡智を授ける

この次元に閉じ込められたすべての者たちへ 時間と空間を突破する叡智を授ける

 

 

長いタイトルの本だが、2015年1月に行われた

Kan.さんと、ゲリー・ボーネル氏による

「Kan.&Gary  リチュアル・ワークショップ 

 儀式の復活~時間と空間の壁を突破する~」を

書籍化したものという。

 

ということで、詳細はともかく、

おおまかな雰囲気と様子が伝わってくる。

こうしたものは、参加しないとわからないものであるが、

興味深いお二方のワークショップということで

目を通してみたいと思っていた。

 

Kan.さんは、道教の秘儀クンルンネイゴンの継承者。

 

himitsunaniwa.hatenablog.com

 

ゲリー・ボーネル氏は、ビジネスマンでもあり、

アカシックレコードを読み、アトランティスの叡智を伝える

 ノウイング・スクールを主宰している。

 

下記の著書は、スクールのテキストを網羅しているという。

今見たら、アマゾンでは高騰していた。

  

叡智の道 THE KNOWING WAY レムリアから伝わる神秘の教え《思考の現実化》

叡智の道 THE KNOWING WAY レムリアから伝わる神秘の教え《思考の現実化》

 

 

 

 

 

 

さて、冒頭の著書に戻りましょう。 

言葉だけでなく、行間を拾ってこそながら、

やはり、印象的なところも少なくない。

はじめにで、ゲリーさんが

「『創造』のしくみを知ってください」

おわりにで、Kan.さんが

「語り継ぐということ、伝承するということ、継承するということ」

として、語られていることだけでも、とても示唆に富んでいた。

 

 私たちには皆、合意した集合的期待がはりついています。それは主に重力と物理法則に関するものです。集合的な合意の次に、家族の期待の境界線があり、その次は、文化が期待する境界線があります。私たちは、実に小さく制限された現実のみを体験しているにすぎません。

 自分という存在の真の本質を理解したとき、私たちはこの次元に隣接したすべてに対する期待を持てるようになります。

 私たちが期待を拡大したとき、裁きを手放したとき、前の世代の「制限された期待」が正しいという信念を手放したとき、私たちの五感は、すべてのエネルギー、すべての意識に対して開きます。すべてがいかに繋がり合っているかというしくみが完全に腑に落ちたときのみ開くのです。

 

 Kan.さんとともに行ったワークショップは、創造に関する二つのそれぞれの観点を、時間の中の一つのポイントに集約することでした。これは、創造の男性性と女性性、ドゥーイングとビーイング、思考とフィーリングを一つの表現に統合することです。

 私たちは、すべてがお互いに繋がり合っていることを抱きしめています。

 この繋がりこそが、真の自分自身の本質を表現しているのです。

 

 

ところで、Kan.さんとゲリーさんが出会ったのは、

通訳をしていた大野百合子さんの仲介によるものだったという。

過去世でもたくさん関わり合い、

レムリア時代から交流があったという。

そうした古代の叡智を今伝える必要があるということらしい。

 

伝統的なトレーニングや全ての期待を手放すと、

境界線を越えて向こうに行くことができます。

ゲリー エッセンスをお話しします。

 私たちは本当に情熱を持って過去にしがみついているので、ある意味、私たちはみんなクレージーです。私たちの人生は、誰が一番気が狂っているかを競争する競技ではないのに、私たちはそんなふうに過ごしています。

(中略)

 過去というのは、単にイマジネーションにすぎません。

 結局、私たちは、想像した体験を今に持ってこようとしています。自分を定義づけたり正当化するために、過去の幻想を使います。でも、それは単なるイマジネーションにすぎず、過去は、未来と同じようにリアルではありません。

 だから、スピリチュアルな教師たちは、「今を生きなさい」ということを言い続けています。

 この瞬間を生きてください。

 いつもこの瞬間が最後の瞬間だと思って生きてください。

 そうしたら得られます。全ての狂気が消えていくでしょう。

 これが私のオープニングの言葉です。

 

よく、非常事態の時に、火事場の馬鹿力ではないが、

考えられない奇跡的なことが起こったりするのは、

隣接した次元からのエネルギーを自分の内側に引き寄せて、

その人の意志を物質化したから、だという。

 

Kan. 今「隣接する次元」という言葉が出ましたけれども、皆さんのために、それについてもう少し語っていただくとありがたいです。

ゲリー 夜、寝ているとき、私たちの脳の全てが活性化します。

 制限がまったくないし、狭くもありません。目が覚めている間は、視覚や聴覚が脳の活動を牛耳っています。そのために私たちは時間と空間の中に閉じ込められていると言えます。

 私たちは、自分の予測や期待を持つことによって時間と空間の中に閉じ込められてしまうのです。

 

文字をそのまま追っても

わかりにくい内容ではあるけれど、

実は、私たちが思い込みや刷り込みによって

いかに制限された中にいるのか気づくのは大切なことだと思う。

 

 言いたいのは、今という瞬間と、その前後する瞬間に、みんなが思っているほど連続性がないということに気づくことが、まず突破口であるということです。 

  

今(ナウ)は、過去と未来によってつくられているのではありません。 

 

 過去というのはあなたの反応をかき集めたもので、もしそれで自分自身を定義づけてしまうと、自分自身を知ることができません。

 そうすると、自分自身にはなれません。

 これは本当に知るべき最重要なことで、もし無限の状態になりたければ、今までのジャッジメントとか葛藤を全て超えることです。

 

「ワンネス」というのは、「みんな1つ」という意味ではありません。

 全部違うけれども調和できるということです。

 つまり、受け入れられる。嫉妬がないということです。違いを自分のことのように受けとめられるキャパシティ。

 空(くう)とは、無限のキャパシティということです。

 そこにみんな感性が開いていく。

 

どうにもまとまりがないので、もう、やめておくが、 

個人的には、興味深い内容だと思う。

ジョークの好きなゲリーさんの笑えるやりとりもあり、

盛り沢山なワークショップは、

面白かったのではないかとも感じた。 

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!

『人生を開く心の法則』フローレンス・S・シン

 

前回の記事で取り上げた本の作者

トーシャ・シルバーが読んでいたという

フローレンス・スコヴェル・シンの著書がこちら。

 

人生を開く心の法則

人生を開く心の法則

 

 

 

 

 

 

原書の初版が1925年というから、古い著書でもある。

 

 あなたは人生は戦いだと考えてはいませんか。でも人生は戦いではなくゲームなのです。

 人生はゲームですが、それは霊的な法則の知識なしにはうまく遊ぶことができません。そして旧約、新約聖書には、そのゲームのルールがおどろくほど明解に、はっきりと示されています。イエス・キリストは、人生は与えることと受け取ることのすばらしいゲームである、とお教えになりました。

 

書き出しの一節だが、

原題は “The Game Of Life And How To Play It”  ともある。

時代的に、聖書の引用が多いのはわかるが、

同じような内容で思い出すのは、

一連のジョセフ・マーフィ博士(1898-1981)による

(潜在意識についての)法則本でもある。

そして、

同様に、大いなる存在に祈り、委ねる在り方だ。

 

やはり、さまざまな事例をあげて

言葉によって新たに

潜在意識に働きかけ

大いなる力がもたらされると述べている。

 

 自分が「可能である」と考える以上のことを得ることはできません。私たちは自分自身の潜在意識にある制限された期待によって拘束されているからです。より大きく受け取ろうとするためには、自己制限をやめ、自分の期待を拡大していかなければなりません。 

 

アファメーションについては、使う言葉とともに

その内容についての信頼の度合いが大事だ。

 

 要求をするとき、私たちは自分の旅の終わりからはじめます。すなわち、私たちはすでに受け取ったものを申告するのです。「あなたが呼ぶ前に私はこたえる」

 継続的にアファメーションをする事柄は、潜在意識に信念として確立されます。もし完璧な信頼を持っているならば、二度以上アファメーションをする必要もないでしょう! 懇願したり泣きついたりせず、すでに受け取ったことにくりかえし感謝すべきです。

「砂漠はよろこび、バラのように咲きかがやく」(イザヤ書 35:1)まだ砂漠(の意識状態)の中にいるときの、このよろこびが、解放のための道を開くのです。

 

最近とみに、私たちの意識が持つ力がいかに大きく、

その意識のあり方で、人生が大きく変わるというのを

感じるようになると、

なるほどと、参考になる古典的な一冊です。

 

 私たちはすべてのパワーを与えられています。(正しい思考を通して)自分の天国を地上にもたらすためのパワーを。そしてこれが「人生というゲーム」の目標です。

 そのルールはシンプルで、怖れのない信頼、無抵抗、そして愛です!

 

“この本の特徴は、祈りやアファメーションは、個人的意志ではなく、宇宙の意志(神の意志)が実現されることを願うために使われなければならないということを強調している点にあると思います。” 

と、あとがきで訳者の方が述べられているが、

祈りの言葉に多く使われている

「無限の精霊よ(Infinite Spirit)」という呼びかけに限らず、

「宇宙」でも「グレート・スピリット」でも

自分が信じることができるもの、

また言葉自体も、自分に合うように変えて使うのがいいだろうという。

 

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!

『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』トーシャ・シルバー

 

著書のタイトルと

更なる副タイトル?というか吹き出しに

”宇宙の導きに任せよう” に目が留まった一冊。

 

ちなみに、原題は“Outrageous Openness”

 

占星術師、ヨギでもあるトーシャ・シルバーの

コラムをまとめたショート・エッセイ集。

 

 

 

 

最後にQ&Aがあるので、そこから少し引用してみよう。

 

Q2 引き寄せの法則や現実化に励むのと、これはどう違うのですか?

  (前略)

 現実化に励むというのは、窮屈で疲れることのように思います。なぜなら、そこからは神が排除されているからです。エゴが”宇宙からもらいたいもの”を書き連ねた買い物リストをつくることもありますが、その性質上、結果が非常に制限されます。友人はそれについて、『これ現実化しちゃったけど、どうやっていいの?』という愉快な本まで書きました。願望のすべてが至高善にかなっているわけではないのです!

  (中略)

 本書では、本来起こるべきことが起こるように問題を神に捧げ、自分自身は脇にのくことを学びます。現実を操作するのをやめ、善が自分を通じて起こるようにします。 

 

 

Q5 あなたは願いを叶えたくないのですか?

 (前略)

 神に願いを捧げるということは、それは満たされるか、遅れるか、あるいは無視されるかをゆだねるということです。すると、願いや望みが好みになります。それによって、願望への執着がなくなり、余裕や平和が生まれます。するとあなたは、もう強迫観念の奴隷ではありません。執着がなくなったことで、より高次の計画が現れる余地ができるので、思ってもみなかった形で物事が頻繁に起こるようになります。それは純粋でシンプルな幸福をもたらします。

 

Q10 とんでもなく全開になるとは、どういう意味ですか?

 

 エゴの予定や買い物リストを手放すと、神の計画が入りこむ余地ができます。それは、頭で考える巧みな操作をはるかに凌ぐものです。私に言わせれば、そこから真の幸福や目覚めが生じます。すると生きていることが日々驚きとなり、私たちは文字どおり、善をもたらすひとつの力として、愛に使われることができるのです。 

 

 

そして、ここで”神”という言葉を使っているものの、

”従来の神の概念を信じる必要はまったくありません。”とも述べている。

愛や、鳥を空中に浮かせる力、(要するに)

エゴより偉大な力、最も賢い大いなる自己、などでいいのだと。

 

とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく―宇宙の導きにまかせよう

とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく―宇宙の導きにまかせよう

 

 

いわゆる、引き寄せの法則というものがはやると、

欲するものを、あれこれ注文を発するという面が

強調されがちだったりする。

確かに、自分が欲しいものやことを知るのは

大切かもしれない。ただ、

そもそも本当に(自分が)欲しているのか、

本当に必要なのかどうかはわからないものだ。

 

そして、実は、今こうしている私たちの

肉体人格(と呼ぶが)と魂レベルの望みは

往々にして違うことが少なくないということだ。

実際、それぞれ、人生には、いろいろなことが起こる。

それについて、いいとか悪いとかあれこれ言うが

本当のところは、視野が限られている私たちにはわからないし、

はかりしれない面があるということを知ると

やはり謙虚にならざるをえない。

 

ああだこうだと頭で考えて、行動し、

頑張って、行き詰るときもあるし、

あぁ、もうお手上げとあきらめると

自然と事が流れ出したり、運んだりこともある。

 

最近、感じるのは、

物事の結果や期待を出来るだけ、手放して

ただやってみるほうが、宇宙の流れに乗り易いということ。

確かに、そういう時代にも、なってきているとも思う。

 

そういった意味で、エゴを手放し、

もっと大いなるものに委ねよという生き方のお話が

このエッセイに綴られていたのは面白かった。

 

実は、私は、この続編(新刊)を読み出したところで、

気になっていたタイトルの最初の本が、同じ著者と知った。

そして、手にすることが出来たので、新刊の途中だったが

最初の本から読んでみたというのが経緯。

 

私を変えてください―ゆだねることの隠されたパワー

私を変えてください―ゆだねることの隠されたパワー

 

 

新刊には、エッセイごとに、

上手に委ねるためのお祈りの文章も添えられている。

この後、続きを読んでみようと思っている。

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!