不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

『新しい地球で楽しく生きるための目醒めのレッスン29』並木良和さんー日常生活や習慣を使って波動を上げる

 

 

新しい地球で楽しく生きるための 目醒めのレッスン29 (アネモネブックス014)

新しい地球で楽しく生きるための 目醒めのレッスン29 (アネモネブックス014)

  • 作者:並木良和
  • 出版社/メーカー: ビオ・マガジン
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: 単行本
 

 

人気のスピリチュアルカウンセラー

並木良和さんによる昨年末の一冊。

 

地球は今、波動を急上昇させているといいます。

新時代への流れとして、大変革の波を

誰もが感じているのではないでしょうか。

 

私たちも、制限や制約に囚われた社会を超えて

霊的な存在である本来の自分自身を思い出す

絶好の機会だといわれています。

その目醒めを決意し、促すためのアドバイス

近年、精力的に展開されている並木さんですが、

具体的な方法としては、不要な想いなどを手放す

統合ワークを提唱されていて、

一昨年末には、そのための著書も出されました。

 

目醒めへのパスポート 本当のあなたを憶い出す、5つの統合ワーク (アネモネブックス 008)

目醒めへのパスポート 本当のあなたを憶い出す、5つの統合ワーク (アネモネブックス 008)

  • 作者:並木良和
  • 出版社/メーカー: ビオ・マガジン
  • 発売日: 2018/12/24
  • メディア: 単行本
 

 

今回は更に、令和の時代の幕開けに

宇宙から届いた29のメッセージを伝える

新刊がこちらということです。

 

冒頭から

瀬尾律姫 や天之御中主神、そしてニギハヤヒ

メッセージも載っていますが、

 

内容は

 

第1章 ナミキペディア

    アセンションの時代を生きる人のための用語解説集

第2章 目醒めにむけて知っておきたい6つの叡智

    ――Q&Aで学ぶアセンションへの道

第3章 アセンションに向けて光の存在になる

 

第4章 日々の暮らしの中で準備するアセンション 実践篇

 

第5章 生き方をシフトさせてアセンションの準備をする

 

本書では

様々な定義があってわかりづらいスピな用語を

並木さんの解説によってまとめてある他、

Q&Aによって目醒めについての理解を深めるところから

語られています。

特徴的なのは、前回の著書がワーク中心だったのが

今回は、日常生活での実践篇が細かく示されていること、

生き方をどうシフトさせていくかに焦点が当たっていること

でしょうか。

 

まあ、暮らしといえば食生活から、入浴、睡眠、

住環境、アウトドア環境まで具体的に触れられていて

わかりやすいというか、ちょっと面白いですね。

 

 

また

光である存在を意識するために、

キラキラと輝いているもの、つまり

光り物のアクセサリーなどを身に着けるとか…

そういえば斉藤一人さんも

違った意味で光り物推奨されてましたが(笑)

 

 本書では、日常の身近なものや習慣を使いながら、いかに肉体と精神と魂の波動を上げていくかに焦点を当ててみました。

 今回ご紹介するワークは、どれも比較的簡単にできるものばかりですので、ぜひ、楽しみながら実践して、あなたにどのような変化が訪れるのかを「実験」してみていただけたらと思います。

 

 さあ、それでは今から「心踊る源への帰還への旅」の一歩を踏み出していきましょう。

 

――大天使ミカエルからのメッセージもあげられたはじめに、より

 

 

 

 

 本書によれば

 

アセンション

「上昇(ascension)」を意味する言葉。スピリチュアルな世界でいうアセンションとは、地球と人類の波動が上がり、これまでいた次元よりも上の次元へと移行していくこと。2012年からはじまり、現在そのプロセスは進行中。「覚醒する」という意味と同じ。

 

目醒め」とは

 

 本来の自分自身を憶い出すということ。自分が特別な何かや崇高な何かになろうとするのではなく、高次元の自分の本質を憶い出していくということ。また、この世界がイリュージョン(幻想)であるということに気づくこと。「悟り」と同じ意味。

 

 

 「目醒めた生き方」については、質問にこう答えています。

 

 では、目を醒ました生き方とはどのような生き方なのでしょうか?それは、僕たちが「自分の感情や思考は、自分で選ぶ」という主体性を持った生き方をすることです。

 一方で、「眠ったままの生き方」とは、自分の感情に振り回されながら生きる生き方のことです。たとえば、ある人に何か一言言われただけで悲しんだり、怒ってみたり、または喜んだりなど、外側の現実に条件反射するように、いちいち反応して一喜一憂するという受動的な生き方です。

 

「目覚めた生き方」とは、自分の感情や、現実にどう反応するかさえも自分で決められる生き方です。――

 

まあ、長い間眠ってきているわけですから

過去のやり方やあり方を

意識して変えていく、手放していく必要があります。

これまでの分離感を手放していくのが

統合ワークというわけですね。

 

ハイヤーセルフとつながることについては

並木さんがいう「恋慕うわよ(こ・ひ・し・た・ふ・わ・よ)」の

周波数で存在することだと言われています。

 

*「恋慕うわよ(こ・ひ・し・た・ふ・わ・よ)」

こ………心地がいいこと

ひ………惹かれること

し………しっくりくること、すっきりすること

た………楽しいこと

ふ………腑に落ちること

わ………わくわくすること

よ………喜びを感じること

 

こうしたワクワクする感覚で生きていると

それこそ、究極のアンチエイジング

いつまでも若々しくいられるとも、

最後の方で触れられてましたよ(´∀`*)

 

今後、恋愛などのパートナーシップ、仕事のスタイル、お金など

これまで私たちの多くが気にかけてきた物事も

大きく変わっていくと いいます。

すったもんだのドラマを卒業していくわけですね。

 

まだドラマ楽しみたい人は

そのまま眠っててもいいともいうけど、

すべては自由意志だから。

 

 今後それぞれが選んだものを体験するという多様化が、加速していくことになるでしょう。

 そして、今がその移行期、トランジションの時期なのです。

 

おわりにからの引用をもう一つ

 

 アセンションの時代に向けて、戦争や環境汚染、自然破壊に貧困、経済危機などさまざまな問題から不死鳥のように復活するためには、今このタイミングで日本の人がどれだけ目醒めるか、にかかっているのです。

「令和の時代」を迎えたことは、日本が今、目醒めはじめているという狼煙(のろし)を世界に向けて発信する機会でもあったのです。

 

 目醒めとは、個人の成長だけを意味しているのではありません。

 あなた一人が目醒めることで、日本や世界、そして地球、さらには宇宙の成長へとつながっていくのです。 

 

 

 

統合ワークについて詳しく知りたい方は

 

 

それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!   

『波動が変わる!あなたが変わる!人生が変わる!』桑名正典さんー波動を知って使いこなす

 

 

波動が変わる! あなたが変わる! 人生が変わる!

波動が変わる! あなたが変わる! 人生が変わる!

 

 

似た波動が引き合う、ということから

引き寄せの法則や願望実現などの 本も数多く出ているが

著者の桑名正典氏は、波動には高低だけでなく、

強弱もあると述べている。

自己啓発やスピ系ではよく聞かれる

”波動”について説明し、その使い方を

わかりやすく伝える一冊。

 

表紙カバーの見開きには

 

願望を実現させる方法

➀願望が実現している波動にアクセス

②➀の波動から人、情報、アイデア……を入手

③波動を強くして、願望を引き寄せ、望む現実を実現

 

 

とある。

わかるようなわからないような(笑)

“波動”というものについて

丁寧に説明されているので

波動になじみのある人なら

まとめやおさらいとしてもいい内容だし、

よく知らなかったら、

あらたに興味を惹かれるのではないかと思う。

 

 

第一章 波動を使いこなすための基礎知識

第二章 ベース波動を整えよう

第三章 波動をつかいこなすために知っておきたいこと

第四章 さあ、波動を使って願望を実現させよう

第五章 波動をより強くし、願望実現をさらに引き寄せる

第六章 日常的な場面で波動をうまく使うコツ

第七章 人生を通して最高波動の自分と現実を実現していく

 

 

書きだしの見出しは

人もモノもすべて粒子であり、振動している

 

 自分に見えている現実を変えていくために波動を使いこなすことは、とても有用な手段です。しかし、波動というものがどういうものなのかということをよく理解している人は少なく、波動という言葉から「怪しい」というニュアンスが捉えられることも多いでしょう。

 しかし、波動というのはれっきとした物理学や化学の世界の話で、現代では量子物理学、量子化学といった分野にカテゴライズされる最新科学のものです。

 

私自身は(例えばヒーラーといった)

エネルギーワーカーでもあるので

すべてのものはエネルギーから成り立っているという概念を

採用しています。つまり、

波動を高めることや整えることについて

日常的にエネルギーワークを行なっていますが、

近年は、本書のように自己啓発やビジネスのために

波動の使い方を学ぶ方も増えているんですね。

 

こうした時代の流れはどんどん加速して、

見えない世界の重要性も知られていくでしょう。

 

さて、著者は波動の「髙い」「低い」は

体感できるといいます。

「髙い波動はシルク生地のようなもの」で

「低い波動は肌に突き刺さってくる」

 

高い波動:爽快、心地良い、気持ちが良い、空気が軽い

低い波動:重い空気、刺すような感覚、居心地が悪い

 

感覚はとても大事ですね。

ただ、著者の桑名さんによれば

人への影響力としては、

波動の強さというものが関係してくるようです。

 

 

 

 

 人のエネルギーは「頭(意識)」「心」「丹田」が鍵を握っています。

 簡単に言うと、

 

・信じる力を強くする

・マイナス感情を処理し、大好きなことをする

丹田を強くする

 

 ということでエネルギー量は大きくなります。つまり波動が強くなり、影響力が高まっていきます。

 

また、引き寄せの法則は、

同じ波動同士が共鳴する現象だというんですね。

そして「現実を変えるというのは、

自分の波動を変えるということ」

 

面白いのは

 

 私たち一人一人が経験している現実には、ありとあらゆる現実が同時並行的に展開しています。あなたの今この現実に、「幸せな現実」も、「幸せでない現実」も、「豊かな現実」も、「豊かでない現実」も、すての現実が存在していて、例えば豊かな現実が存在していないように感じるのは、その豊かな現実と今のあなたの波動が違うがために見えていないだけです。

 つまり、私たちは数多ある現実の中から「自分の波動に共鳴する現実」を経験しているに過ぎないということです。

 今出会っている人たちは、今のあなたの波動と共鳴し合う人たちです。

 

最近、そういえば

パラレルワールドって話もよく聞きますが…。

 

 現実を変えるには、考え方を変えたり、現実を変えるアイデアを出す前に、今の自分の波動を「幸せな波動」「豊かな波動」「願望が実現する波動」に合わせ、その状態になってから方法やアイデアを出し、それを実行することです。すると、その波動に共鳴する現実が見えてくるようになってきます。

 

波動を変える為のベースは

「身口意を意識すること」と「自分がいる環境を整えること」だといいます。

本では、具体的に、環境・人・感情・食べ物・念・携帯やSNSなどが

自分の波動に影響を及ぼすものとして説明されています。

 

また波動を高く保つ基本は、「浄化」で

 浄化には、

・潜在意識の浄化

・身体の浄化

・エネルギーの浄化

 の三つがあり、日常的にすべてに取り組み、身を清浄に保っていくイメージでいるといいかと思います。

 

自然の中に入ったり、言葉やイメージも活用できます。

ただし、大事なのは

 

「波動は気にしすぎると下がる」ということです。

 浄化や断捨離、自然に入ることなど基本的なことはしたほうがもちろんいいですし、私もいつもやっています。

 ですが、それは「波動を高くしよう‼」という変ながんばりはないのです。

  

 もっと気楽に考える。もっとゆるく、楽しく取り組む。

 そんな感じでいると結果的に波動は高くなります。

 波動を高くする究極の方法は、「今の自分にくつろぐ」です。あまり「変えよう」とせずに、ただ今の自分にくつろぎ、今の自分が楽しいと思うことに取り組んでいく。それが波動が最も高くなる方法です。

 

後半の章では

波動を使った願望実現や引き寄せについての方法が

女性・男性の特性に基づいて語られ、

更に日常的な場面や

人生を通しての目的やミッションなどへと

展開されているので

興味がある方はお読みいただけたらと思います。

 

 

また

著者の桑名正典さんは

YouTubeでも

波動チャンネルを発信されているようですね。

 

近刊も面白そうです。

 

 

 

それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!   

『運命を変える未来からの情報 奇跡の予知術が人生を解放する』森田健さん

 

 

かなり以前読んだ本からです。

不思議研究所だったか、

社会使命でなく、

楽しむだけに研究するという

森田健さんの本。 

 

笑顔でありがとうと言っていると運命が好転する、

ポジティブに生きようという本は多い。

なぜか?

 

 その理由は、外応にあったのです。笑いの絶えない環境は、自然とうまくいきます。

 逆に地球のために欲望を捨てなさいとか言われると、突然嫌な気持ちになります。

 人間というのは本来、快に生きたいのです。しかしそれを制御するのが成長した人間だと言われてきました。

 今地球は、その生き方の方向転換をさせたいのではないでしょうか……。

 外部に原因がなく、地球自身のプログラムでそれが始まったとすれば、なおさらです。

 

この話に、著者は

天照大神が天岩戸に引きこもってしまった神話を思い出すという。

 

 太陽神が隠れると世の中は真っ暗闇になってしまいました。普通ここで恐怖が支配するものです。でもそのとき困った神々はなんと宴会を始めました。天宇受売命(あめのうずめのみこと)に至っては胸を露わにしてセクシーに踊りました。その踊りがあまりにもおかしかったため、見ていた神様はどっと笑います。

 その笑い声を聞いた天照大神は不思議に思い、「私が隠れて暗くなったと思ったら、天宇受売命は踊っているし、神々は笑っている。一体どういう訳か?」と少し岩戸を開けて様子を見ようとしました。

 そこで隠れていた天手力男神(あめのたぢからおのかみ)が、天照大神の手を引っ張り

 

 今、地球がしようとしていることは、これではないでしょうか……。

 確かに世の中は大変な方向に向かっているかもしれません。凶悪犯罪が増え、戦争も無くなる気配はありません。そんなときに災害が来れば、人類への警告だよと注意を促す人も出ます。

 とすると、ますます悪い外応を作り出すことになります。

 六爻占術によれば、隣の部屋の人が自分のために笑ったとしても、まわりの人の運命を好転させるのです。

 地球の上でみんなが笑い、楽しく生きるようになったらどうでしょうか。地球にとっては大きな外応になるはずです。

 このことに人類はずっと気が付かなかったかもしれません。目には目をの論理で、テロを仕掛けられれば戦争でお返しをしていました。でも、人類が自分のしたいことをして楽しむようになり、笑い声が絶えなくなれば戦争も災害も減ると思いませんか? 

 

笑うこと、楽しむこと。

そんなことで社会や人生が変わるなんて

甘い、不真面目…って言われてきませんでした?

でも、外側は内側の反映、誰もが現実を創り出している

という概念に沿えば、至極真っ当ともいえる。

卵が先かにわとりが…云々ではないけれど

全てはエネルギー、だとしたら

私たちがどういう状態、エネルギーを発するかで

世の中も変わってくるはず。 

 

 

 

 もう一つ、耳寄りな情報を伝えます。占いの中のルールで次のようなことが言えます。快に従って生きると財運を上げるのです。

 なぜなら六爻占術のルールでは、快は財運のプラスエネルギーとして作用しているからです。

 快というのは財運を上げるのです。ですから本当に好きなことをすれば、お金はついてくるものです。

 

 そして最後にはコインで占うことすら必要なくなると思います。問いを擦れば答えてくれるからです。

 時空と私たちはいつもつながっています。そういうつながりの世界に人類が入ったとき次元が上昇すると思います。五次元に入るのはとても簡単です。自分を肯定して、運命を受け入れ、オールを手放せば良いのです。欠点も愛おしい自分の一部だと受け入れたとき、あなたは時空そのものに広がります。

 そしてあなたが笑ったとき、相手はあなたから運をもらうことになります。運は減るものではありません。あなたから運をもらった相手は今度はあなたに微笑み返すかも知れません。そしてあなたの運はもっと上がります。

 自分が幸せになることで地球も救えたらどんなに素晴らしいでしょうか。

 

 あなたはすべてうまくいっています。

そしてこれからはもっとうまくいきます。

 

断捨離で

以前の本からの書き抜きメモのファイルも処分。

その中から、残しておきたいものをこちらに転載して

おこうと。

 

“外応” 皆つながっているので、問えば返ってくるものがある

というのは、昔から知られていて、シャーマンの人たちなどは

森羅万象を注意深く観察していたんでしょうね。 

いずれにしても、自分をどう扱うかが重要。

ご機嫌でいられれば、それも貢献、なんですね。 

 

 

ちなみに、こちらの他にもう一冊の文庫

『自分ひとりでは変われないあなたへ』からも

気に留まった箇所が結構ありました。 

 

 

 

それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!   

『願いをかなえる「縄文ゲート」の開き方』保江邦夫さんー宇宙が味方になる生き方

 

 

ブームが好きな日本で

今、各方面から

注目を浴びているのが

「縄文」

一般的な歴史や博物学の分野ではもちろん、

精神世界というかいわゆるスピリチュアルでも

熱く取り上げられていますね。

 

願いをかなえる「縄文ゲート」の開き方 (アネモネブックス 011)

願いをかなえる「縄文ゲート」の開き方 (アネモネブックス 011)

  • 作者:保江邦夫
  • 出版社/メーカー: ビオ・マガジン
  • 発売日: 2019/07/31
  • メディア: 単行本
 

 

理論物理学者で、量子物理学からも

見えない世界を探求されていて

不思議な体験にもこと欠かない

保江邦夫氏のご著書の中の一冊。

 

本の冒頭にあるように

「自然と調和しながら、

1万年前以上も平和な社会を築いていた縄文人たち」

について、現代風にいえば彼らは

「宇宙が味方になる生き方をしていた、といえるでしょう。」

と始まります。

 

私たち、日本人にはその高い霊性が宿っている、とも。

 

本書を通して、それを思い出していきましょう。

どのようなときに神様は応援してくれるのか?

保江氏は、それを

「縄文ゲート」という言葉を用いて語られます。

 縄文ゲートとは、あの世とこの世にある壁(境目)のことで、特に今はあの世との壁が薄くなっていて、それだけ縄文ゲートも開きやすくなっています。

 

そして、縄文をキーワードに

神国といわれる日本の霊性や資質についてや

ご自身の体験談、生き方についてなかなか

興味深い内容となっていましたね。

まずは先入観を取り払ってお読みください、って。 

 

 縄文人が宇宙とつながっていたというのは、決して比喩的な意味合いではなく、実際に霊体として存在し、あの世とこの世の壁を越えて両方の世界を自由に行き来していたということです。

 肉体を持つ前に、人が霊体だけで存在していたのは、縄文よりも前の時代までさかのぼります。

 それは、太平洋上にあった超古代のレムリア文明で、縄文人のルーツはその「レムリア大陸」から日本列島に渡ってきた人たちなのです。

 レムリアに関してはいろいろな説がありますが、南太平洋上にあったムー(大陸)と呼ばれているのが実はレムリアであり、レムリアにいた人たちはその前は金星にいました。 

 

古代の縄文人たちが肉体化していったのは

地球で様々な苦労や体験を通して

霊的な成長を遂げるためでしたが

肉体の密度が濃くなるにつれ

次第に宇宙とのつながりも弱まっていきます。

 

 ひと言でいえば唯物主義と自我意識、これが、密度の濃い肉体のなかで生じてしまった否定的な側面です。

 こうして、縄文ゲートが閉じてしまった現代人の大半は、本来は霊体と肉体の複合体である自分のことを、「人間は肉体だけの存在だ」「あの世、天国なんて存在しない」「物やお金さえあれば幸せだ」なとど思い込んでしまったのです。

 このかたくなな思い込みが、地球上でくり返される輪廻転生というループにはまって抜けられない理由です。

 これでは、せっかくあの世からの働きかけが強くなっているのに、その恩恵を受けられないばかりか、また同じような過ちをくり返してしまうおそれがあります。

 地球環境はふたたび縄文化しているのに、人々の意識がいまだに分離感や自我意識にとらわれてしまっているのです。

 ですから、何とかこの状況を反転させなくてはなりません。

 

というわけで

令和の時代となった今こそ、

本来の宇宙とつながった生き方が必要だと

伝えられているんですね。

 

また

霊体と水の関係性や

想念によるものづくり

微生物が育む神の国

霊性を高めてくれる繊維(麻)

などの話も興味深い。

 

発酵という大事な働きをしてくれている微生物自体が神そのものである、といっても過言ではないのです。

 

そういえば、思い出したのは

『波動の法則』で足立育朗氏も触れられていましたが、

微生物(菌)って確か波動高いそうなんですね。

フリーエネルギーの世界での扱い方もそう(高波動)。

Kan.さんだったか、菌はワープもするという話もあった気がする。

見える限られた世界に捉われていると、真実はわかりづらいようです。

 

そしてまた

レムリアー縄文人に関して

「アヌンナキ」と「アラハバキ」の話。

また伯家神道のことや

縄文スピリットの守り人としての「陰陽師」などにも

触れられてました。

 

 

 

さて

縄文ゲートを開くのに大切なのは

まず

古神道でいう「中今(なかいま)」であること

近年、矢作直樹氏がこれについてよく話されていますね。

 

 中今とは、縄文人がそうしていたように、過去や未来にとらわれることなく、「今この瞬間を生きる」ということです。

 

また

我を消すこと

 

我が消えると、神が降りてくる。

 我(自我意識)というのは、この世の物事や肉体に対する執着から発生するものなので、その執着を捨てて、霊体の側に近づけば近づくほど我が消えていって、神が姿を現わすのです。

 

ちなみに「中今」を生きる6つのコツ

というのも説明されていますが

ここでは、とりあえず項目だけ、ね。

 

①無我夢中になれることに取り組む

②できるだけスマートフォンやパソコンの使用頻度を減らす

③好きな植物や動物とコミュニケーションをはかる

④何となくという感覚、ふっと湧き起こる感覚を大事にする

⑤イメージ、アート、音楽、左手を使うなど、右脳を活性化させる

⑥完全調和の世界に立って、この世を眺める

 

他にも

古代から使われていた

音(周波数)や光、炎などを使って

もともとの能力を高めるのも出来るそうです。

 

この水瓶座の新時代になって

あちこちでスピリチュアルリーダーも

言っているように、

とにかく、

直感や感性、感情を尊重する生き方が大事

と本書でも繰り返されていますね。

 

 ふっと散歩に出たくなる、ふっと旅行に行きたくなる、ふっと誰かに電話をしたくなる、ふっと手にした本を読みたくなる、ふっと映画を観たくなる……etc.

 

 このように、ふっとした感覚が縄文ゲートの向こう側からの働きかけなので、その感覚に素直に従えばスーッと縄文ゲートが開かれていくのです。

 ふっとした感覚は、あの世からの「ココ、ココ」「ソレ、ソレ」という呼びかけなので、頭でいろいろ考えたり常識的な価値判断にとらわれたりしないで、その呼びかけに従うことが大事です。

 ふっとした感覚、湧き起こる思い、それに素直に従えば、余計な思考や判断が入る隙がありません。

 直感、感性に従っていれば、人と比べたり競争したりすることもないので、この世のとらわれやストレスから解放されて、神様からの愛も感じられるようになるはずです。

 

そして、この本の巻末には

袋とじのおまけがついていて

本書を読んで縄文マインドを理解したところで

開封して楽しみましょう。

「あなたの願いをかなえる縄文の秘儀」だそうで

シンプルながらパワフルな効果があるという技とお話でした。

 

混迷、激動の大変化の時代には

行き詰まった現代人に必要なのは

宇宙と自然と共に生きてきた

古代や先住民族の叡智なんですね。 

 

 

あと、UFOのお話や保江氏の過去世のお話などは

松久正氏(ドクタードルフィン)との共著

でも載っていましたっけ。

NEOチルドレンに興味があったり

松久さんや保江さんワールドが

お好きな方にもお薦めの一冊です。 

 

 

himitsunaniwa.hatenablog.com

 

それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!   

何かにつまづいたり、方向が見えなくなったとき、君自身に尋ねること-『哲学の練習問題』西研さん

 

 

 

(2017年2月に書いた記事の加筆リライトです)

 

<どこかに絶対の生きる理由があるわけではない。生きる理由を求めるのは、君がじぶんを勇気づけたいからなのだ。君は自分の外に何かを求めるのではなくて、君じしんに尋ねなくてはならない。どう生きることがじぶんをいちばん元気にするのか、と>
 このニーチェの思想はぼくにとって決定的だった。いまでも何かにつまずくたびに、「いまぼくはどういう気持でいるのか、ほんとは何を求めているのか」そして「どう生きることを選ぶのか」、いつもそこから考えるのである。

        『哲学の練習問題』 西研

 

 

哲学の練習問題 (河出文庫)

哲学の練習問題 (河出文庫)

 

 

 
その昔、新聞に連載されていた西研さんのコラム。

記事を切り取り、その後書き抜いておいた引用二か所から。

 

小難しいと思われがちな哲学ですが、

真摯に、あるいはそこはかとなく

人生について思いをめぐらした時

やはり、何かしらの気づきをもたらしてくれますね。

 

 私の人生を導くものは、何かの固定的な基準ではなく、私のなかにあって私を動かすもの――あるときは安らぎを、あるときは高揚を求める〈欲望〉の声――である。だとすれば、方向が見えなくなって不安になったとき、正直に心の声を聴き取ろうとし、方向が見えてくるのを待つ。それだけを心がければよい。

 そう気づいてから、ぼくは真実な生き方を求めて右往左往したりしなくなった。でも、いつのまにか「正しい基準」を求め、すりよろうとする自分に気づくことがある。何か抵抗があって自分を正視できなくなっているのだ。そう気づいたときには、今ていねいに自分とつきあっておかねば、と思う。

 

何かわからなくなった時に、問うべきは

他ならぬ自分自身に、ということですね。

わかりやすい言葉で哲学的な深い示唆を与えてくれます。

文庫化された後、

今は、Kindleで読めるようになっていますね。 

 

 

それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

 

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

 ありがとうございます!