読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

日々続けるー『子どもの本の書きかた』ジョーン・エイキン

 

 

 

私の最初のエージェントはジーン・ルロイでした。――彼女は自分が扱ったあらゆる作家に、その何人かは、有名作家でしたが、毎日少なくとも六ページ書くことを習慣づけるように訴えています。「流れるように書き続けねばなりません」というのがその金言でした。「さもないと乾上がってしまいます。」牛の乳をしぼらねばならないように、スィートピーはつまねばならないように、作家たるものはたえず、毎日一定量書くことで、精神の筋力を訓練しなくてはならないのです。

 

ジーン・ルロイはまた、やらなくてはならないことがあると、あなたの余暇は、ふしぎにも拡大して、それを可能にするものだともいっています。それを彼女は時間のポケットとよんでいますが、私の経験はその正しさを証明しています。

     『子どもの本の書きかた』 ジョーン・エイキン


作者はイギリスの著名な児童文学作家。

卓越したストーリーテラーの一人であるが、

訳者の猪熊葉子さんが述べているように

単なるハウツーというより、立派な児童文学論ともいえ

ユーモアたっぷり、実に読み応えある内容の本から。

 

子どもの本の書きかた (晶文社セレクション)

子どもの本の書きかた (晶文社セレクション)

 

 

規則正しく訓練する…

何かを志したり、目指している方には

当然、必要な過程でしょうし、

特別な目的でなくとも

やりたいことがあるなら

地道な歩みを続けていれば

知らずして、結構前に進んでいたりするもの

ですよね。

 

 クリックしてね♪


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 

 ありがとうございます!