読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

感じたことを信じる-『幸せを呼ぶ気脈診』明日香天翔さん

 

 

 

 エネルギーを感じるときに最大の基本になるのは、自分を信じること。大切なのは、「あなたがどう受け止め、どう感じたか」だけです。「他の人はどうか」とか「どう感じるべきか」は、考えないでください。
 これは人生で何かを決めるとき、行うときにも大切なポイントです。「人が、親が、世間がどう思うか」なんて、どうでもよいのです。

 
 ここで、しばしば自分のために繰り返し引用しているフレーズ

 ご本は違えど、とにもかくにも、“自分を信じること”ですね。

 

 取り組んできたエネルギーワークでいえば

 自身に対する許可レベルが低い、低かったということだけど

 もう、浴びるくらいこのフレーズを見て、聞いて

 唱えるくらい、必要なのですね、私の場合(笑)

 

 私たちは、自分の知恵や考えだと思っているものも、よく考えると他人(社会、親、学校、本など……)の知恵や考えのコピーだったりします。
 けれど、たとえば有名評論家がいくら絶賛しても、自分がそう感じなければ、その料理は美味しくないわけです。駅前のラーメン屋さん、評判はまあまあでも、自分が体験してみて「おいしい~!」と心から思ったなら、それがすべてです。
 自分がうれしいか、楽しいか、心地よいか、その反対か。
 固定観念をはずし、ありのままに表現すること(口に出す、行動に移すなど)で、生き方は変わります。スピリチュアルな直感力も、飛躍的に高まります。変化も加速していきます。
 そして、これは気脈診でエネルギーを感じ取り、読み取るときにも、最大の基本となることなのです。

    『幸せを呼ぶ気脈診』  明日香天翔

 

 

幸せを呼ぶ気脈診

幸せを呼ぶ気脈診

 

 

ウィリアム・レーネンさんのサイト(IBOK)でおなじみ(知った)

気脈師の明日香天翔さんの本です。

今は、Klidle版で出ているようですね。(本が中古本にある)

わかりやすく、実践的な気脈診について述べられています。

結局、リーディングをする場合も同じなんだけど

率直に感じるということがいかに重要か

気付かされます。


レーネンさんは、天翔さんのご本で「感じることを学んでください」

と薦められていますね。

で、またこの引用箇所は、この前にご紹介した足立幸子さんの

『あるがままに生きる』に通じる部分ですね。

もう、これにつきるな。

 

面白いのは、

このブログを見直しながら移行していると

その時であたる記事が、

あらためて今、必要なメッセージだったりすること。

シンクロってすごい! 感謝。

  

クリックしてね♪

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 

 ありがとうございます!