読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の庭のミランダ

心に響いた言葉と書物の備忘録

思想・自己啓発

日常のメンテナンス-『断捨離』やましたひでこさん

// スポンサーリンク'); // ]]> // 「邪魔」なモノ、家の中の詰まりとは、結局潜在意識の詰まり。だから、モノを1個取り除いたら潜在意識の詰まりも1個取れる。最初は小さな穴を開けていく作業かもしれないけれど、そうしていくうちにドーッと「見えない世…

自分自身に専念する-『パーソナル・パワー』サネヤ・ロウマン

自分自身に専念することは、「私は自分自身を十分知っているので、今この瞬間にとって正しいことができる」と認め、今現在に生きることです。それは自分を信頼することであり、自分を奮起させて、こうあるべきだとか、こう物事に対処すべきだ、などと自分に…

人生のダンスー『光の手』バーバラ・ブレナン

// スポンサーリンク'); // ]]> // あなたの強い欲求とは何だろう? 何を望んでいるのか? それが何であれ、その思いがあなたがなすべき仕事が仕事を実現させるために次に必要な段階へと導いてくれる。たとえあなたがその仕事が何かをまだ知らなくても、それ…

天の配剤の妙味-『「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン』

// スポンサーリンク'); // ]]> // さて、ここでコントロールしようとする手綱をゆるめて、流れにもっと自由を与えてみよう。すべてに同意し、すべてを受け入れるように、と提案しているわけではない。ただ戦術を変更し、コントロールすることから見守ること…

つくろうと思わない-『努力しない生き方』桜井章一さん

// スポンサーリンク'); // ]]> // 私は麻雀で「いい手」をつくろうとは思わない。「いい手」をつくろうと思うとその麻雀はかならず壊れるからだ。 そんなこともあって、私は麻雀以外のことにも「つくる」という感覚をなるべく持たないようにしている。いい…

君自身に尋ねること-『哲学の練習問題』西研さん

// スポンサーリンク'); // ]]> // <どこかに絶対の生きる理由があるわけではない。生きる理由を求めるのは、君がじぶんを勇気づけたいからなのだ。君は自分の外に何かを求めるのではなくて、君じしんに尋ねなくてはならない。どう生きることがじぶんをいち…

スラリスラリー生活の極意『禅談』沢木興道禅師

沢木興道禅師が、ある武術家にその口伝を尋ねたら、 「スラリスラリ」だという。 どういうことかといえば、右手を捻られたら、 仕方ないと諦めて、 左の手でスラリと新しい活路を開くことだが、 修行をつまないとなかなか容易に出来るものでないという話。 …

ミランダの小さな庭へようこそ

// スポンサーリンク'); // ]]> // 私たちは皆 今この時空への訪問者である全ては来て、過ぎていく 見、体験し、学び、愛し、そして 家(みなもと)へ帰る存在である -アボリジニの格言より- この詩は、 世界的なアニマルコミュニケーターである ローレン…